川西・渡辺 11試水上中間練習機

海軍:昭和12年〜13年

必要なかった機体

11試水上中練
渡辺鉄工所製の11試水上中間練習機原型

 第一線で使用する水上機の性能向上に伴って、それまで水上練習機として使用していた 九三式水上中間練習機に替わる性能向上型機 が必要になると考えた海軍では11試水上中間練習機の名で川西・渡辺の両社に対し試作指示を行った。
 両社とも海軍の指示どおり「寿」発動機を搭載したオーソドックスな複葉・双フロート式の原型機を完成 させ、九三式水上中間練習機よりも高い性能を示したのだが、海軍が九三式水上中間練習機から新しい機体 へ乗り換える明確な行動を示さなかったため、審査だけがだらだらと長期間続き、結局採用は見送られるこ ととなった。
 両社の機体を比べると、渡辺機の方が機体設計に斬新な点が見られるものの、安定性は川西機のほうが高 く、採用となれば川西機が有利であったと思われるが、突き詰めてみれば練習機としての需要は九三式水上 中間練習機で充分まかなえており、わざわざ試作する必要のあった機体であるとは考えにくい。

機体詳細データ(11試水上中間練習機(川西機)[K6K])
全長 9.30m全高 4.00m
全幅12.20m翼面積30.00m2
自重1,300kg最大重量1,800kg
最高速度231km/h上昇限度不明
航続時間6.0hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機中島「寿」二型改一空冷星形9気筒 公称460馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 3機
武装7.7ミリ機銃×2、30キロ爆弾×2等
主要タイプ 11試水上中練(K6K):原型機のみ製作、採用されず
機体詳細データ(11試水上中間練習機(渡辺機)[K6W])
 
諸元等については手持ち資料に記載が無く不明
 
発動機中島「寿」二型改一空冷星形9気筒 公称460馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 3機
武装7.7ミリ機銃×2
主要タイプ 11試水上中練(K6W):原型機のみ製作、採用されず