横廠 九〇式初歩練習機

海軍:昭和5年〜15年

海軍を代表する初歩練習機

九〇式初練
九〇式初歩練習機(民間へ払い下げられた機体)

 昭和4年(1929年)に一三式水上練習機の 後継機として開発が開始された機体。翌年には試作機が完成している。
 瓦斯電(後の日立)が開発した「神風」発動機を搭載し、胴体構造を当時珍しかった鋼管溶接の骨組みと した機体で、電気溶接を使用した日本初の機体でもあった。
 昭和6年に九〇式水上練習機として制式採用され(昭和13年に九〇式水上初歩練習機と改称)、海軍操縦士が 大空への第一歩を踏み出す機体として長年使用された。 零式水上初歩練習機採用後、一部の機体は民間の 飛行クラブ等へ払い下げられたが、軍に残って使用された機体も多かった。
 なお、陸上機型も計画されたが試作のみに終わっている。

機体詳細データ(九〇式初歩練習機[K4Y1])
全長 9.05m全高 3.51m
全幅10.90m翼面積29.50m2
自重 740kg最大重量 990kg
最高速度163km/h(海面高度)上昇限度3,460m
航続時間3.5hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機瓦斯電「神風」二型空冷星形7気筒 公称130馬力×1基
乗員数 2名総生産機数211機
武装武装なし
主要タイプ 九〇初練(K4Y1):水上機型。九〇式水上初歩練習機とも呼称
陸上練習機型:七試百馬力(「旗風」)発動機搭載の陸上機型。試作・実験のみ