中島 艦上攻撃機「天山」

海軍:昭和17年初飛行、昭和18年制式採用、昭和20年生産終了

天山
艦上攻撃機「天山」一二型

 海軍は九七式艦上攻撃機の後継機として、性能向上を目指した新型艦攻の試作を中島飛行機に命じた(14試艦攻)。それを受けて昭和17年2月に試作1号機が完成した。
 それまでの艦攻に比べ大馬力の発動機を搭載し、4翅金属製プロペラやファウラー・フラップ、層流翼の採用など新機軸を盛り込んだ機体は海軍が要求する性能を示した。全長が航空母艦のエレベーター寸法をオーバーするため前方に傾斜した垂直尾翼(しかもエンジン回転トルクを押さえるため機体中心軸から左に3度傾いていた)を持つなど機体形状にも目立った特徴があった。
 当機開発中に大出力エンジンである「火星」二五型のテストが進められており、当機にも同エンジン搭載が予定されていたが、九七艦攻の旧式化に伴い新鋭機投入が急がれたため、審査中にもかかわらず「護」発動機装備型を「天山」一一型として昭和18年2月から生産に着手した(少数生産だったので7月には生産が終了しているが、同機の制式採用は8月に入ってのことだった)。「火星」発動機装備型は昭和18年後半から生産が開始されている(「天山」一二型としての制式採用は昭和19年3月)。
 戦争中期(マリアナ沖海戦・ブーゲンビル沖海戦)ごろから第一線の主力として活躍し、同時機の各国の攻撃機の中でも最高性能を誇る三座艦上攻撃機であったが、実戦に投入されたころには米軍艦隊の対空攻撃能力が増強(レーダーや近接信管砲弾の実用化)されており高性能の「天山」をもってしても日本海軍の雷撃隊は相当な被害を被った。
 ちなみに一二型に装備された後下方旋回機銃(一式旋回機銃)は優秀と名高いドイツ・ラインメタル社製のMG15航空機銃のコピー品であるため、旧来の日本製旋回機銃と口径が異なっている。

機体詳細データ(艦上攻撃機「天山」一二型[B6N2])
全長10.78m全高 3.80m
全幅14.90m翼面積37.20m2
自重3,010kg最大重量5,200kg
最高速度481km/h(高度4,000m)上昇限度9,800m
航続距離1,743〜3,042kmプロペラ定速4翅
発動機三菱「火星」二五型空冷複列星形14気筒 公称1,680馬力×1基
乗員数 3名総生産機数1,268機(全タイプ計)
武装7.92ミリ機銃×1(後下方旋回)、13ミリ機銃×1(後部旋回)、
航空魚雷×1または爆弾800kg×1もしくは500kg×1もしくは250kg×2もしくは60kg×6
主要タイプ 一一型(B6N1):「護」一一型(公称1750hp)発動機搭載(試作機込みで133機製造)
一二型(B6N2):「火星」二五型(公称1680hp)発動機搭載。小変更あり
一二甲型(B6N2a):一二型に電探を装備した機体
一三型(B6N3):「火星」二五丙型発動機搭載。カウル・風防の再設計。試作のみ