愛知 零式水上偵察機

海軍:昭和13年〜20年

艦隊主力の水上偵察機

零式水偵
零式水上偵察機(この写真では尾翼番号が防諜のため消されている)

 海軍は昭和12年に九四水偵の後継機となる長距離3座水偵の競争試作を愛知航空機と川西航空機に指示 した。そこで愛知航空機は12試複座水偵(採用は見送られた機体だが)として設計した機体を3座に改修 し若干大型となった機体を提出。審査の結果これが零式水上偵察機として昭和15年に採用された。
 採用直後の日華事変から太平洋戦争全期にかけて、優れた搭載量と航続力を武器に艦載用・基地用と活躍、 真珠湾奇襲や珊瑚海海戦での当機の偵察報告は戦局に重大な影響を与えたと言われる。
 しかし、ミッドウェー海戦の敗戦も当機の出撃の遅れが原因と言われており、天国と地獄両方を見た水偵 であるといえよう。

機体詳細データ(零式水上偵察機一一型甲[E13A1a])
全長11.30m全高 4.70m
全幅14.50m翼面積36.00m2
自重2,642kg最大重量3,640kg
最高速度376km/h(高度2,200m)上昇限度8,730m
航続距離2,000〜2,600kmプロペラ可変ピッチ3翅
発動機三菱「金星」四三型空冷複列星形14気筒 公称1,080馬力×1基
乗員数 3名総生産機数1,350機
武装7.7ミリ機銃×1、60キロ爆弾×4または250キロ爆弾×1
主要タイプ 一一型(E13A1):初期生産型。当初は零式一号水上偵察機一型と呼称
二号(E13A1):翼・浮舟間の張線廃止、プロペラスピナ追加した機体。制式呼称では無い
一一甲型(E13A1a):電探(三式空六号無線電信機四型)を搭載した機体の呼称
一一乙型(E13A1b):磁探(一号探知機:KMX)を搭載した機体の呼称
零式練習用水上機(E13A1-K):一一型に複操縦装置を追加した練習機型