立川 一式双発高等練習機(キ54)

陸軍:昭和15年初飛行、昭和16年制式採用、昭和20年生産終了

一式双高練
陸軍航空通信学校所属の一式双発高等練習機甲型

 海軍の機上作業練習機と同様、陸軍も 九五式二型練習機(キ6)の名前で採用した フォッカー社製スーパーユニバーサル輸送機改造型を操縦士以外の乗員訓練任務用に運用していたが、九五 式二型練習機の採用数は少なく、また実用機の著しい発達もあって、昭和14年に高等練習機開発が計画 され、立川飛行機へ対して試作指示が行われた。立川飛行機は 九七式輸送機ロ式輸送機の生産経験を生かして 翌年6月に試作機を完成させた。視界の良い操縦席や広い機内スペースを持つ機体に、信頼性の高い発動機 を装備した機体は審査の成績も良好で、昭和16年7月に一式双発高等練習機として制式採用された。
 機体のバリエーションとしては操縦・航法練習用の甲型、射撃・無線・爆撃練習用の乙型があるが、 高等練習機としてだけではなく輸送機としても使用するため、広いスペースを持つ胴体内に8名分の座席 と荷物室を持つ丙型も生産されており、稼働率や耐久性の高さから、陸軍では縁の下の力持ちである万能機 として非常に重宝がられたという。

機体詳細データ(一式双発高等練習機甲型[キ54甲])
全長11.94m全高 3.58m
全幅17.90m翼面積40.00m2
自重2,954kg最大重量3,897kg
最高速度376km/h(高度2,000m)上昇限度7,180m
航続距離960〜1,300kmプロペラハミルトン可変ピッチ2翅
発動機日立(瓦斯電)九八式(ハ13甲)空冷星形9気筒 公称470馬力×2基
乗員数 5〜9名総生産機数1,342機(全タイプ計)
武装甲型・丙型は武装なし。以下は乙型の武装
(射撃訓練時)7.7ミリ旋回銃×4(後上下方、胴体左右側面)
(爆撃訓練時)標準は15キロ訓練爆弾×10(爆弾最大800キロ搭載可能)
主要タイプ 甲型(キ54甲):操縦・航法練習機型。胴体上面に天測用半球ドームを持つ
乙型(キ54乙):射撃・通信練習機型。胴体上部に半球銃座と連結風防を持つ
丙型(キ54丙):客席8座を持つ輸送機型。甲・乙型と異なり胴体上部に突起物が無い
丁型(キ54丁):海軍の対潜探知機KMXを搭載した対潜哨戒機型。ごく少数生産
Y39輸送機:丙型と同様の機体。民間(逓信省乗員養成所)向け機体
キ110:丙型の全木製化計画機。試作1号機と全資料が爆撃で消失したため詳細不明