愛知 二式練習飛行艇

海軍:昭和15年〜18年

多発大型飛行艇操縦士の訓練用飛行艇

二式練艇
詫間海軍航空隊所属の二式練習飛行艇

 九七式飛行艇九九式飛行艇二式飛行艇と次々に中・大型飛行艇を開発 採用していた日本海軍は、将来の飛行艇需要増加を見通して多発飛行艇の操縦士養成用飛行艇を必要と感じて いた。そこで海軍は愛知航空機に対して十三試小型飛行艇の開発を指示したのである。
 昭和15年に完成した試作機は審査の結果、安定性に問題があるとして改修命令が出されたため、長期にわたる テストと機体改修により、ようやく昭和17年に二式練習飛行艇として制式採用された。
 しかし、開発に長い期間かかってしまったため採用されたときには既に旧式化しており、当機の意義が薄らいで いたため生産機数は31機と少数であった。
 なお、戦争末期には沿岸哨戒用としても使用されている。

機体詳細データ(二式練習飛行艇[H9A1])
全長16.95m全高5.25m
全幅24.00m翼面積63.00m2
自重4,900kg最大重量7,000〜7,500kg
最高速度317km/h上昇限度6,780m
航続距離2,150kmプロペラハミルトン定速3翅
発動機中島「寿」四二型または四三型空冷星形9気筒 公称610馬力×2基
乗員数5〜8名総生産機数 31機
武装7.7ミリ機銃×2、爆弾最大500kg
主要タイプ 一一型(H9A1):生産機少数のため派生・改良型は無し