川西 九七式輸送飛行艇

海軍:昭和15年〜18年

海洋国日本の大型輸送飛行艇

九七式輸送飛行艇
九七式輸送飛行艇一一型

 九六式陸上攻撃機を改造した 九六式陸上輸送機一式陸上攻撃機改造の 一式陸上輸送機を輸送機として利用していた 海軍であるが、他に海軍が保有する大型飛行艇を改造した海上用輸送機も使用していた。
 そのうち九七式飛行艇を改造して輸送機とし たものが、この九七式輸送飛行艇である。元々が大型4発飛行艇であるため双発の陸攻改造型輸送機とは比べ ものにならない大きなペイロードを誇り、長大な航続距離と併せて長距離輸送に活躍した。
 当初九七式飛行艇一一型を改修した原型機[H6K3]を製作して試験運用したところ、非常に良好な成績 を収めたため制式採用に至った。制式採用された当機には九七式飛行艇一一型改造の[H6K2−L]と二二 型改造の[H6K4−L]2つのタイプがある。
 余談ではあるが原型となった2機の[H6K3]のうち1機は民間航空会社である大日本航空に譲られ、 「綾波号」(登録記号J−BFOZ)の名で本土−ティモール間の航空路開拓などに使用されており、量産型 機体も同様に大日本航空の元で川西式四発型輸送飛行艇と名付けられた17機が本土−サイパン−ティモール 間などの国際航空路線などに一時使用されたこともある(戦局が悪化すると全機軍用へ転用された)。

機体詳細データ(九七式輸送飛行艇一一型[H6K2−L])
全長24.90m全高 6.27m
全幅40.00m翼面積170.00m2
自重12,025kg最大重量17,100kg
最高速度333km/h(高度2,610m)上昇限度不明
航続距離4,328km(過荷重状態)プロペラ定速3翅
発動機三菱「金星」四三型空冷複列星形14気筒 公称990馬力×4基
乗員数8名(操縦員等)+16名総生産機数 38機
武装武装なし:乗客用座席数16
主要タイプ 二号一型改(H6K3):旅客輸送機型原型(2機)、一一型改修
一一型(H6K2-L):一一型をベースにした旅客輸送機型(16機)
二二型(H6K4-L):二二型(二号三型)をベースにした旅客輸送機型(20機)