川西 九〇式二号飛行艇

海軍:昭和5年〜8年

川西大型飛行艇の元祖

九〇式二号飛行艇
九〇式二号飛行艇

 昭和4年に日本海軍は全金属製飛行艇の開発に乗りだし、外国製機体を元に大型飛行艇の設計を 行うこととした。そこで、大型飛行艇に経験の深い英国ショート社に試作を依頼、川西航空機から 英国へ技術者を派遣させ、技術の吸収も目論んだのである。
 昭和5年に完成した試作機はさっそく日本へ送られ、海軍の手で組み立てられ各種の試験を行った 結果、非常に優秀な性能を示したため川西で国産化する事になった。当時太平洋地域で最大の飛行艇 と呼ばれた当機は非常に安定性が良く、実用性も高い機体であったが過渡期の金属製機体であったので 主翼の一部は布張りであるなど中途半端な所もあった。
 制式採用されたもののごく少数機が生産されたのみに終わったが、当機の経験は後年川西が開発した 九七式飛行艇二式飛行艇にも引き継がれており、飛行 艇王国川西の基礎を作った機体といっても過言ではない だろう。

機体詳細データ(九〇式二号飛行艇[H3K1])
全長20.50m全高 8.70m
全幅31.05m翼面積214.00m2
自重10,030kg最大重量15,000kg
最高速度225km/h上昇限度4,400m
航続時間9.0hプロペラ可変ピッチ2翅
発動機ロールスロイス「H−10バザード」水冷V型12気筒 公称825馬力×3基
(海軍ではこのエンジンを「ロールスロイス」八百馬力発動機と呼称していた)
乗員数 8名総生産機数 5機
武装7.7ミリ機銃×4、500キロ爆弾×2または250キロ爆弾×4
主要タイプ 九〇式二号飛行艇(H3K1):生産機少数のため派生・改良型は無し