広廠 九〇式一号飛行艇

海軍:昭和6年

日本人が設計した初の全金属製大型飛行艇

九〇式一号飛行艇
九〇式一号飛行艇

 陸軍の超大型重爆開発計画(後に九二式重爆撃機と して完成)に刺激され海軍も、大型飛行艇の開発に乗り出すこととした。そこで川西を通じて英ショート社に飛行 艇の開発を依頼(後に九〇式二号飛行艇として採用)し た他、海軍独自でも大型飛行艇の開発を行った。
 金属製航空機の設計に造詣の深かった広海軍工廠航空機部に開発を命じ、昭和6年に試作機が完成、試験飛行を 繰り返した結果、方向安定性や発動機の冷却不良などに問題点が見つかったため数度の改修を行った。
 しかし、改修を行っても問題点は解決しなかったため制式採用されることなく、試作機1機が製造されただけに 終わった。

機体詳細データ(九〇式一号飛行艇[H3H1])
全長22.71m全高 7.52m
全幅31.05m翼面積137.00m2
自重7,900kg最大重量11,900kg
最高速度228km/h(海面高度)上昇限度4,500m
航続距離2,046kmプロペラ固定ピッチ4翅
発動機「ヒ式」六百五十馬力発動機水冷V型12気筒 公称650馬力×3基
乗員数 9名総生産機数 1機
武装7.7ミリ機銃×4、500キロ爆弾×2または250キロ爆弾×4
主要タイプ 九〇式一号飛行艇(H3H1):1機のみ製作。実験機やテストベッド機として使用