広廠 八九式飛行艇

海軍:昭和5年〜8年?

日本飛行艇の標準となったV型船底

八九式飛行艇
横須賀空所属の八九式飛行艇

 一五式飛行艇が制式採用された昭和4年(1929年) に広海軍工廠では全金属製飛行艇の開発に着手した。これは一五式飛行艇の開発経験の他に、前年英国 から輸入されたスーパーマリン・サザンプトン飛行艇の実験結果が生かされていた。
 昭和5年に試作機が完成、審査途中に試作2号機が空中火災を起こし墜落するなどトラブルもあったが 審査は概ね順調に進み、昭和7年に八九式飛行艇として制式採用された。
 製造機数は少ないものの、日本海軍初の全金属製胴体を持つ飛行艇として昭和8年の日本海横断飛行や 日華事変での主力小型飛行艇としての活躍など、日本飛行艇の近代化に大きな足跡を残している。

機体詳細データ(八九式飛行艇[H2H1])
全長16.29m全高 6.13m
全幅22.14m翼面積120.5m2
自重4,368kg最大重量6,500kg
最高速度196km/h上昇限度4,320m
航続時間13〜14.5hプロペラ固定ピッチ4翅
発動機広廠「九〇式」六百馬力発動機水冷W型12気筒 公称600馬力×2基
乗員数6〜7名総生産機数 17機
武装7.7ミリ機銃×4、250キロ爆弾×2
主要タイプ 八九式飛行艇(H2H1):生産機少数のため派生・改良型は無し