広廠 一五式飛行艇

海軍:昭和2年〜9年

英国飛行艇の改良型

一五式飛行艇
横須賀空所属の一五式一号飛行艇(後期型?)

 大正15年(1925年)、海軍は英国からライセンスを購入して国内で製造していたF5飛行艇の 後継機開発を広工廠に対して命じた。
 試作機開発指示を受けた広工廠では、F5飛行艇製造経験と英国ショート社の最新技術を取り込んだ 全木製双発複葉飛行艇の設計に取り組んだ。胴体はF5飛行艇の設計を模倣したものであったが、主翼 や補助フロート、尾翼については新規に設計されている。
 昭和2年に完成した試作機を審査の結果、性能に満足した海軍は昭和4年、一五式飛行艇として制式 採用を行った。
 当機には翼設計の相違や発動機の種類などで一号、一号改、二号、二号改とバリエーションがある。 昭和4年には横須賀〜サイパン間の往復飛行達成や昭和6年の空中給油実験成功など初期の日本飛行艇 史に残る活躍を示し、昭和13年頃まで第一線で使用された。

機体詳細データ(一五式一号飛行艇[H1H1])
全長15.11m全高 5.19m
全幅22.98m翼面積125.00m2
自重4,020kg最大重量6,100kg
最高速度170km/h上昇限度不明
航続時間14.5hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機「ローレン」四百五十馬力発動機一型水冷W型12気筒 公称450馬力×2基
乗員数 6名総生産機数 65機
武装7.7ミリ機銃×2
主要タイプ 一号(H1H1):「ローレン」四百五十馬力一型発動機搭載、2翅ペラ
一号改一(H1H2):一号飛行艇の胴体を全金属製としたもの
二号(H1H3):「ローレン」四百五十馬力三型発動機搭載、4翅ペラ
二号改一:広廠「一四式」五百五十馬力発動機搭載の実験機
仮称二号:「ビーエムダブリュー」四百六十馬力発動機搭載の実験機