三菱 九三式陸上攻撃機

海軍:昭和7年〜11年

大型双発艦攻の失敗作

九三陸攻
館山空所属の九三式陸上攻撃機

 航空母艦「赤城」が就役して、艦上から運用できる機体サイズに余裕の出来た日本海軍は、双発の艦攻 を航空母艦上から運用することを目的に、昭和5年(1930年)大型艦攻の開発を三菱に対して指示した。
 500馬力級発動機を2基装備し、最大1トンの爆弾(魚雷)を搭載できる機体として要求されたもの を三菱川では英ブラックバーン社のベティ技師と協力して設計したが、海軍を満足させることは出来ず、 また要求内容も変更となったので、再設計をおこない昭和7年に試作機を完成させた。
 ところが実用試験を行った結果、方向安定性や最高高度、前方視界などが不足していることが判明、 順次手直しを行ったが、艦上機として不的確とされてしまった。そして当時試験中だった9試中型陸上攻 撃機(後の九六式陸上攻撃機)が優秀であったため大型 艦攻を開発する意義も薄れ、当機は増加試作機を含め11機が生産されただけに終わっている。
 既に生産された機体は海軍初の陸上攻撃機として九三式陸上攻撃機と命名採用されたが、実用機とし ては能力不足だったため、双発陸上機の練習機として使用されることになった。
 なお当機に付けられた略符号[G1M]であるが、採用当初にはこの略符号は付与されておらず、 後に略符号の整理変更が行われた際に、元々は八試中攻に振られていたこの略符号が当機に付与される ことになったのである。

機体詳細データ(九三式陸上攻撃機[G1M1])
全長12.05m全高 4.70m
全幅20.70m翼面積102.30m2
自重3,940kg最大重量6,400kg
最高速度235km/h上昇限度不明
航続距離990〜2,300kmプロペラ固定ピッチ4翅
発動機三菱「金星」一型空冷複列星形14気筒 公称650馬力×2基
乗員数 5名総生産機数 11機
武装7.7ミリ機銃×3、航空魚雷×1または爆弾最大1,000kg
主要タイプ 九三陸攻(G1M1):生産機少数のため派生・改良型は無し。当初は略符号無しだった