空技廠 陸上爆撃機「銀河」

海軍:昭和19年〜20年

難産のすえに完成した高性能機

銀河
陸上爆撃機「銀河」一一型

 海軍は昭和15年に雷撃・水平爆撃・急降下爆撃をすべてこなせる長距離・高速陸上爆撃機の試作を空技廠に 指示。しかし、海軍の大きな期待を反映して、かなり無理な性能要求であったため試作は難航し、長期にわたって 改修が行われた結果、ようやく昭和19年に制式採用された。
 だが、戦争も末期であり、生産に入ると具合の悪い箇所が多く、実戦部隊での整備も難点が続出し稼働率は極め て悪く、目立った活躍はしていない。だが、各種新技術を所管する空技廠製だけあって、派生・改良型も数多く (試作的な機体が多かったものの)製作・計画されている。
 なお、夜間戦闘機型に改造した「極光」も川西飛行 機で製造されているが、他にも下向き20ミリ機銃を20丁も装備した襲撃機型、爆弾倉内に8センチ砲を装備し た実験機や特殊攻撃機「桜花」の母機に改造された 機体、全鋼製化試作機なども略符号は付いていないが存在する。

機体詳細データ(陸上爆撃機「銀河」一一型[P1Y1])
全長15.00m全高 4.30m
全幅20.00m翼面積55.00m2
自重7,265kg最大重量10,500kg
最高速度546km/h(高度5,900m)上昇限度9,400m
航続距離2,000〜5,370kmプロペラハミルトン定速3翅
発動機中島「誉」一二型空冷複列星形18気筒 公称1,670馬力×2基
乗員数 3名総生産機数1,002機
武装13ミリ機銃×2、20ミリ機関砲×1、
航空魚雷×1または800キロ爆弾×1または500キロ爆弾×2等
主要タイプ 一一型(P1Y1):最初の生産型。「誉」一一型または一二型発動機搭載
一一甲型(P1Y1a):一一型の後上方機銃を二式13ミリ旋回銃に換装した機体
仮称一一乙型(P1Y1b):一一型の後上方機銃を仮称四式13ミリ連装銃に換装した機体
仮称一一丙型(P1Y1c):一一型の前方機銃を二式13ミリ旋回銃に換装、電探装備
一二型(P1Y4):「誉」二三型(離昇2,000hp)発動機搭載
仮称一三型(P1Y4):「誉」二一型(公称1,860hp)発動機搭載
仮称一四型(P1Y5):「ハ43」一一型(離昇2,200hp)発動機搭載
仮称一五型(P1Y2):「火星」二五甲型(離昇1,850hp)発動機搭載
仮称一六甲型(P1Y2a):一一甲型に「火星」二五甲型発動機を搭載した機体
仮称一六乙型(P1Y2b):仮称一一乙型に「火星」二五甲型発動機を搭載した機体
仮称一六丙型(P1Y2c):仮称一一丙型に「火星」二五甲型発動機を搭載した機体
仮称一七型(P1Y6):「火星」二五乙型(離昇1,850hp)発動機搭載