横廠 九一式水上偵察機

海軍:昭和4年〜8年

世界初の実用潜水艦搭載水上偵察機

九一式水偵
九一式水上偵察機

 早くから潜水艦に水上偵察機を搭載して索敵に使用することを考えていた日本海軍では、ドイツから 水上機を輸入しての研究を行っていた。輸入したハインケルU−1水上機を元に製作された仮称横廠式 水上偵察機だったが、潜水艦での運用方式の変更から機体設計をやり直すこととなり、昭和3年(19 28年)に新開発が指示された。
 そこで昭和4年に新機体の試作機が完成(仮称横廠式二号水上偵察機)し、イ−51号潜水艦に搭載 しての実用試験を行った結果、発動機を換装した改良型が昭和7年に九一式水上偵察機として制式採用 されたのである。
 イ−5および イ−6潜水艦に搭載された当 機であったが、その後 九六式小型水偵が完成すると、使用されなく なってしまった。

機体詳細データ(九一式水上偵察機[E6Y1])
全長 6.89m全高 2.89m
全幅 8.00m翼面積16.89m2
自重 590kg最大重量 800kg
最高速度168km/h上昇限度不明
航続時間4.4hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機瓦斯電「神風」一型空冷星形7気筒 公称130馬力×1基
乗員数 1名総生産機数10(11?)機
武装武装なし
主要タイプ 九一水偵(E6Y1):生産機少数のため派生・改良型は無し