中島 九〇式二号偵察機三型

海軍:昭和8年

臨時生産された陸上機化水偵

九〇式二号艦偵
鹿屋空所属の九〇式二号艦上偵察機

 昭和5年になって、当時審査中だった九〇式二号水偵を 陸上機化した機体の試作指示を海軍は行った(元々は二号水偵に水陸互換性を持たせるための試作であった)。
 昭和8年には艦上爆撃機として使用できるように機体強度を補強された機体が制式採用され九〇式二号 偵察機三型[E4N2−C]と命名された(このあと昭和11年に九〇式二号艦上偵察機[E4N3]と 改名された)。
 少数機が生産されたに過ぎないが、艦上爆撃機の運用方法研究のため日本初の急降下爆撃隊使用機として 日本海軍航空史を語るうえで重要な活躍をした機体で、操縦士訓練や戦闘機の代用としても使用されている。
 なお、中島飛行機では当機を元にした民間機P−1型を9機製造しており、これらは郵便機として活躍し た。

機体詳細データ(九〇式二号偵察機三型[E4N2−C])
全長 7.63m全高 2.74m
全幅10.98m翼面積29.96m2
自重1,150kg最大重量1,750kg
最高速度272km/h上昇限度不明
航続時間6.8hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機中島「寿」二型改一空冷星形9気筒 公称460馬力×1基
乗員数 2名総生産機数15機(?)
武装7.7ミリ機銃×2、30キロ爆弾×2
主要タイプ 二号艦偵(E4N2-C):生産機少数のため派生・改良型は無し。後にE4N3と改称