愛知 九〇式一号水上偵察機

海軍:昭和5年〜8年

馬力不足に泣いたハインケル水偵

九〇式一号水偵
軽巡洋艦「神通」搭載の九〇式一号水上偵察機

 昭和3年(1928年)に海軍は艦上カタパルトからの射出にも使用できる水上偵察機の試作を 中島、愛知の2社に指示、そのうち愛知は自社で輸入したハインケル社のHe56を開発案として 提出したところ、この機体を改造のうえ国産化することを海軍から命じられた。
 昭和5年に原型機が完成、審査の結果翌年九〇式一号水上偵察機として制式採用された。
 しかし、搭載していた発動機が低出力であったため性能は低く、実用性も乏しかったため少数機 が製造されたに過ぎなかった。

機体詳細データ(九〇式一号水上偵察機[E3A1])
全長 8.45m全高 3.67m
全幅11.10m翼面積34.50m2
自重1,118kg最大重量1,600kg
最高速度200km/h(海面高度)上昇限度4,710m
航続距離 754kmプロペラ固定ピッチ2翅
発動機日立「天風」一一型星形空冷9気筒 公称300馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 12機
武装7.7ミリ機銃×2、30キロ爆弾×2等
主要タイプ 一号水偵(E3A1):生産機少数のため派生・改良型は無い