中島 一五式水上偵察機

海軍:昭和2年〜5年

日本海軍最後の全木製水偵

一五式水偵
一五式水上偵察機一型(偵察機型)

 大正13年(1924年)に海軍は、戦艦や重巡洋艦に搭載する艦載水偵に従来使用していた ハンザ式水偵の後継機開発を計画、横須賀海軍工廠、愛知及び中島の3社に対して試作機開発を 指示した。
 各社とも翌年には試作機を完成させ、近距離艦載水偵として比較審査が行われた結果、中島製 の機体が昭和2年(1927年)に制式採用された。
 当機は他の2社が提示した試作機に比べ特に優秀であった訳ではないが、他の2機が安定性など に難があったため、安定性や下方視界に優れていた当機が制式機として選ばれたのである。なお、 日本初のカタパルト発進実用機であり、海軍最後の全木製水上機であった。
 当機には偵察機型である一型の他に水上練習機型としての二型も存在した。また当機は後に国産 小型発動機の傑作と呼ばれるようになる瓦斯電(後の日立)製「天風(あまかぜ)」発動機のテス トベッドとしても使用されている。一部の機体は退役後に民間へ払い下げられ、郵便輸送や魚群探 査などに使用された。

機体詳細データ(一五式水上偵察機一型[E2N1])
全長 9.57m全高 3.69m
全幅13.52m翼面積44.00m2
自重1,409kg最大重量1,950kg
最高速度172km/h上昇限度不明
航続時間5.0hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機ヒ式三百馬力発動機水冷V型8気筒 公称300馬力×1基
乗員数 2名総生産機数77機(練習機型含む)
武装7.7ミリ機銃×1
主要タイプ 一型(E2N1):偵察機型生産機の呼称
二型(E2N2):中間練習機型。複操縦装置搭載、機体構造補強を実施