川西 九七式輸送機

海軍:昭和12年

愛知機に勝てない夜偵

九七式輸送機
鎮海要港部所属の九七式輸送機

 九六式水上偵察機の後継機として海軍では11試 特殊偵察機の試作を愛知、川西の両社に命じた。
 審査の結果、愛知機が九八式水上偵察機として採用され、 川西が製作した試作機は九四式輸送機のときと同様に 輸送機に改造されて、高官の移動や連絡輸送に使用されている。
 資料によっては当機の名称を九六式輸送機としているものもあるが、当データベースでは酣燈社刊「日本 海軍制式機大鑑」の記事により九七式輸送機を名称として使用した。

機体詳細データ(九七式輸送機[E11K1])
全長11.80m全高 4.40m
全幅16.00m翼面積38.00m2
自重2,720kg最大重量3,860kg
最高速度210km/h上昇限度4,200m
航続距離1,500kmプロペラ固定ピッチ4翅
発動機広廠「九一式」五百馬力発動機二型水冷W型12気筒 公称520馬力×1基
乗員数 3名総生産機数 2機
武装7.7ミリ機銃×1(輸送機型では撤去している)
主要タイプ 九七輸送機(E11K1):生産機少数のため派生・改良型は無し