愛知 九六式水上偵察機

海軍:昭和9年〜12年

夜間洋上監視任務に就く小型飛行艇

九六水偵
九六式水上偵察機

 昭和6年に試作指示の出された6試夜間偵察機が不採用となったため、海軍では新たに愛知航空機と 川西航空機に対して9試夜間偵察機の競争試作指示を出した。そこで愛知航空機は6試夜偵の改良型を 提出し、これが昭和11年に九六式水上(夜間)偵察機として採用されたのである。
 夜間偵察機とは日本海軍の艦隊決戦構想のなかで重要な位置を占める夜間戦闘に際して、弾着観測や 敵艦追尾、連絡通信などの任務に就く機体で、この九六水偵も軽巡洋艦などに艦載された。しかし、 夜間偵察機という存在自体、需要が少ないため生産機数は15機と少数である。
 他の水偵と異なり水上機ではなく小型飛行艇であり、波しぶきを避けるため上翼と下翼の間に後ろ向きに 設置されたエンジンが特徴的である。

機体詳細データ(九六式水上偵察機[E10A1])
全長11.23m全高 4.50m
全幅15.50m翼面積52.10m2
自重2,100kg最大重量3,300kg
最高速度205km/h上昇限度4,120m
航続距離1,850kmプロペラ固定ピッチ4翅
発動機愛知「九一式」五百馬力二型水冷W型12気筒 公称500馬力×1基
乗員数 3名総生産機数 15機
武装7.7ミリ機銃×1
主要タイプ 九六水偵(E10A1):生産機少数のため派生・改良型は無し