川崎 八七式重爆撃機(Do.N)

陸軍:大正15年初飛行、昭和3年仮制式採用、昭和7年生産終了

八七重爆
八七式重爆撃機

 大正13年(1924年)に陸軍はそれまで使用していた丁式一型、二型重爆(どちらもファルマン社製の 輸入機)の後継機選定を計画した。
 陸軍として初めての全金属製大型機であり、国内メーカーには開発経験が無かったため金属機設計に豊富な 経験を持つドイツのドルニエ社に対して機体設計を依頼、同社は後に世界一周飛行を達成したDo.J「ワー ル」飛行艇を元にDo.Nと形式名をつけたパラソル式単葉の機体設計を完成させた。この設計を元に川崎航 空機工業で試作機を製作し約1年にわたるテストの結果、昭和3年に八七式重爆撃機として制式採用(仮制式) されたのである。
 飛行艇がベースとなっているため舟型のスマートな胴体を持った、陸軍における全金属製機の先駆的機体で あった。発動機はドイツBMW社製のものを国産化した「ベ」式発動機を予定していたが、国産化の遅れから 1号機には輸入した英国製ネピア・ライオン発動機が搭載されている。
 日本ではじめて1トンの爆弾を搭載できる爆撃機であったが、大きさの割に発動機の馬力が不足していたた め速度が遅く、安定性に問題があった。飛行士達は機体形式命のDo.Nをもじって「ドン亀」とあだ名を付 けていたが陸軍重爆の中核として昭和10年頃まで使用されており、満州事変ではのべ300機余りが出撃、 約80トンもの爆弾を投下している。

機体詳細データ(八七式重爆撃機[Do.N])
全長18.00m全高約5m
全幅26.80m翼面積121.00m2
自重5,100kg最大重量7,700kg
最高速度180km/h(海面高度)上昇限度5,000m
航続時間6.0hプロペラ木製固定ピッチ2翅
発動機川崎「ベ」式四五〇馬力(BMW6)水冷V型12気筒 公称450馬力×2基
乗員数 6名総生産機数28機+α
武装7.7ミリ機銃×5(前方および後方旋回4(連装2)、後下方旋回1)、爆弾最大1,000kg
主要タイプ 八七式重爆:生産機少数のため派生・改良型は無し