中島 九五式水上偵察機

海軍:昭和9年〜15年

軽快な運動性を誇るゲタ履き機

E8N
重巡「那智」艦載の九五式水上偵察機

 昭和8年に海軍が愛知航空機、川西航空機、中島飛行機の3社へ指示した近距離艦載水上偵察機の競争 試作は九〇式二号水上偵察機の後継として、 中島製「寿」発動機を搭載する機体を求めたものであった。各社が提出した機体は昭和9年から審査が開始 され各機の性能にあまり差はなかったのだが、操縦性や機体安定性が高かった中島機が昭和10年に九五式 水上偵察機として制式採用された。
 日華事変全期および太平洋戦争緒戦では艦載水偵として数多くの任務をこなし、また軽快な運動性能から 急降下爆撃による艦船攻撃や陸軍の要請による対地攻撃などで幅広く活躍、大陸戦線では中国軍の戦闘機と 空中戦を行い敵機を撃墜した猛者も居たという。また大戦初期のセイロン島沖海戦で英空母ハーミスを発見 し、同空母撃沈のきっかけを作ったのも戦艦榛名に搭載された当機であった。
 昭和17年頃から零式水上観測機と交替する形 で第一線を退くようになったが、終戦まで本土基地間での連絡業務や訓練任務、沿岸部の哨戒などに従事し ている(終戦時残存機数は50機程度)。
 なお当ページではタイプ分類を一号と二号のように分けて記述したが、日本海軍公式では当機は略符号分 類されておらず、全機九五式水上偵察機として扱われた。

機体詳細データ(九五式二号水上偵察機[E8N2])
全長 8.81m全高 3.84m
全幅10.98m翼面積26.50m2
自重1,320kg最大重量1,900kg
最高速度300km/h上昇限度7,270m
航続距離 800kmプロペラ固定ピッチ2翅
発動機中島「寿」二型改二型空冷星形9気筒 公称460馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 755機
武装7.7ミリ機銃×2、30キロ爆弾×2
主要タイプ 一号(E8N1):「寿」二型改一(公称460hp)発動機搭載の初期生産型
二号(E8N2):「寿」二型改二または三(公称460hp)発動機搭載の後期生産型