愛知 九六式艦上爆撃機

海軍:昭和11年〜15年

九四艦爆の性能向上改良型

九六艦爆
九六式艦上爆撃機

 海軍は九四式艦上爆撃機の性能向上を目的に エンジン出力強化と座席部分改修を主とした改良型開発を愛知に指示し、昭和11年(1936年)に 発動機を「光」一型に換装した試作機(九四艦爆改)が完成した。
 シルエットは九四艦爆と比べ変化がないものの、審査の結果性能は飛躍的に向上していることが判り、 同年中に九六式艦上爆撃機として制式採用された。
 日華事変では海軍の主力急降下爆撃機として活躍し、一部の機体は太平洋戦争初期まで実戦部隊に あった。

機体詳細データ(九六式艦上爆撃機[D1A2])
全長 9.40m全高 3.40m
全幅11.40m翼面積34.50m2
自重1,775kg最大重量2,800kg
最高速度310km/h上昇限度7,000m
航続距離 926kmプロペラ固定ピッチ2翅
発動機中島「光」一型空冷星形9気筒 公称600馬力×1基
乗員数 2名総生産機数428機
武装7.7ミリ機銃×3、30キロ爆弾×2または250キロ爆弾×1
主要タイプ 九六艦爆(D1A2):生産型呼称。機体は九四艦爆の小変更型である
九六練習用爆撃機(D1A2-K):古くなったD1A2を改造した練習用機体