愛知 九四式艦上爆撃機

海軍:昭和8年〜11年

ハインケルの『特殊爆撃機』

九四艦爆
九四式艦上爆撃機

 昭和9年(1934年)に当機が九四式艦上爆撃機として採用されるまで、日本海軍は『爆撃機』と 名の付く機体を保有していなかった。これは日本海軍が対戦闘艦艇の攻撃力として航空機を見たときに 爆撃能力よりも雷撃能力を重視していたことと、当時の水平爆撃では戦闘艦艇に対する攻撃力の低さ などがあったからである。
 しかし、急降下爆撃という爆撃方法が発明され、その攻撃方法に耐えうる機体を完成させたとき、 初めて『爆撃機』として採用をおこなったのである。
 昭和6年に海軍は6試特殊爆撃機として中島に開発指示をだした。特殊爆撃機とは急降下 爆撃機であることを秘匿する名称であった。中島は空技廠と組んで機体開発を行ったが、性能試験中に 空中分解を起こしてしまった。また、愛知も提携先であるドイツのハインケル社が設計した輸出用機体 He66で開発に臨み、8試特殊爆撃機として海軍に提出した。
 中島機が安定した性能を示せなかった所へ、優秀な愛知機が提出されたためこの機体が九四式艦上爆撃機 として採用、日本海軍初の急降下爆撃機となったのである。
 日華事変で当機は活躍したが、敵国である中国もハインケルの輸出用機体He66を使用していたため、 敵味方の混同を恐れた中国軍はHe66を前線から下げてしまうという一幕もあったという。

機体詳細データ(九四式艦上爆撃機[D1A1])
全長 9.40m全高 3.45m
全幅11.37m翼面積34.05m2
自重1,400kg最大重量2,400kg
最高速度281km/h上昇限度7,000m
航続距離1,055kmプロペラ固定ピッチ2翅
発動機愛知「寿」二型改一空冷星形9気筒 公称460馬力×1基
乗員数 2名総生産機数162機
武装7.7ミリ機銃×3、30キロ爆弾×2または250キロ爆弾×1
主要タイプ 九四艦爆(D1A1):何種類かの発動機搭載が見られるが分類は一種類のみである