三菱 九六式艦上戦闘機

海軍:昭和10年初飛行、昭和11年制式採用、昭和15年生産終了

九六艦戦
航空母艦「蒼龍」搭載の九六式四号艦上戦闘機

 海軍は九試単座戦闘機として新型戦闘機の競争試作を行った結果、三菱が提出した機体を制式採用し、これを九六式艦上戦闘機と命名した。
 三菱航空機では堀越技師(後に零式艦上戦闘機を設計)を中心に試行錯誤を行い、何種類ものエンジンを試し、空気抵抗を減らす沈頭鋲を採用するなどした結果海軍が要求した最高速度を100キロ/時も上回る、当時としては傑出した性能の機体を完成させたのである。
 空戦格闘性能に重点を置いたいかにも日本的な戦闘機で、日華事変においては九六式陸上攻撃機とコンビを組んでの爆撃行や中国軍機との空戦などで大活躍した。しかし、航空機の発達は加速度的にスピードを増し、太平洋戦争開戦時には零式艦上戦闘機へ主力の座を渡してしまっていた。
 主力の座からは退いたものの、新鋭機である零戦の生産・配備が進む昭和17年頃までは、小中型空母や南洋諸島に配備されており、太平洋戦争緒戦の仏印やソロモン、ニューギニア方面で戦闘を続けた後、昭和17年末ごろからは練習戦闘機として練習部隊で終戦まで使用されている。一説によると終戦時の残存機数は38機だったという。

機体詳細データ(九六式四号艦上戦闘機[A5M4])
全長 7.58m全高 3.35m
全幅11.04m翼面積17.80m2
自重1,075kg最大重量1,707kg
最高速度432km/h(高度3,160m)上昇限度9,830m
航続距離1,200kmプロペラ金属製固定ピッチ3翅
発動機中島「寿」四一型空冷星形9気筒 公称610馬力×1基
乗員数 1名総生産機数約990機
武装7.7ミリ機銃×2
主要タイプ 九試単座戦闘機:試作機名称(社内呼称は「カ−14」)。増加試作含め6機制作
一号(A5M1):初期生産型。「寿」二型改一(公称460馬力)発動機搭載。30機制作
一号改(A5M1a):主翼に20ミリ機関砲を装備した実験機
二号一型(A5M2a):「寿」三型(公称600馬力)発動機搭載。カウル形状が一号と異なる
二号二型(A5M2b):胴体・風防・昇降舵などを改設計したA5M2a改良型。二号一型含め39機制作
三号(A5M3):「ヒ式」(公称650馬力)発動機、モーターカノンを搭載した実験機。2機制作
四号(A5M4):「寿」四一型(公称610馬力)発動機搭載。風防再設計。最多生産型
四号二型:渡辺鉄工所で製作された四号の非公式呼称