中島 九七式艦上偵察機

海軍:昭和12年

九七艦攻の陰に隠れ量産されなかった艦偵

九七艦偵
大陸戦線に配備された九七式艦上偵察機

 昭和10年に海軍が中島へ対して一社特命(実際には三菱に対しても試作内示を行ったが、三菱は辞退した)で 試作指示をした10試艦上偵察機。同時に三菱と中島へ競争試作指示が出された10試艦上攻撃機 (後の九七式一号艦攻)の設計と並行して開発が進めら れた。日本艦上機初の密閉式風防や上方折り畳み主翼、海軍実用機初のセミインテグラル・タンクや可変ピッチプ ロペラなど各種の新機軸が盛り込まれた機体は、審査改修の結果昭和12年に九七式艦上偵察機として制式採用さ れた。
 しかし採用はされたものの実戦部隊では九七艦攻が偵察機も兼ねることとなり(搭載スペースの限られる航空母 艦ではできるだけ搭載機の統合が必要だったし、九七艦攻が偵察機として使用できるだけの性能を示したことが大 きい)、九七式艦上偵察機は活躍の場が無くなったため、試作機2機の製造のみで量産はされなかった。
 機体性能は良好だったため試作機は大陸戦線へ送られ、陸上偵察機として長い間使用されている。

機体詳細データ(九七式艦上偵察機[C3N1])
全長10.00m全高不明
全幅13.95m翼面積30.00m2
自重1,805kg最大重量3,000kg
最高速度387km/h上昇限度6,670m
航続距離2,300kmプロペラハミルトン可変ピッチ3翅
発動機中島「光」二型空冷星形9気筒 公称680馬力×1基
乗員数 3名総生産機数 2機
武装7.7ミリ機銃×2
主要タイプ 九七艦偵(C3N1):量産されていないため、派生・改良型は無い