空廠 九六式艦上攻撃機

海軍:昭和10年初飛行、昭和11年制式採用、昭和13年生産終了

九六艦攻
九六式艦上攻撃機

 日本海軍が大正13年に採用した一三式艦上攻撃機は非常に優秀な機体であったため、後継機の八九式艦上攻撃機九二式艦上攻撃機などは特に優秀であるという印象を出せず、また、三菱や中島に試作させた7試艦攻も失敗に終わったため、海軍では空技廠による新型艦攻の自主開発に乗り出すこととした。
 同時に9試艦攻として三菱・中島両社にも試作指示を出したのだが、結局完成した機体を審査したところ空技廠製の機体が一番優秀だったため、昭和11年に九六式艦上攻撃機として制式採用された。
 しかし、この時期には各国の主力艦攻は低翼単葉機へ推移しており、制式採用された時点で旧式化していたことは否めない。翌年には九七艦攻が開発されたため、主力艦攻としての現役期間は非常に短かったが、小型空母の搭載艦攻や陸上基地からの沿岸哨戒・訓練用機として太平洋戦争緒戦頃まで使用されている。

機体詳細データ(九六式艦上攻撃機[B4Y])
全長10.15m全高 4.36m
全幅15.00m翼面積50.00m2
自重2,000kg最大重量3,600kg
最高速度280km/h上昇限度6,000m
航続距離1,600kmプロペラ固定ピッチ2翅
発動機中島「光」二型空冷星形9気筒 公称700馬力×1基
乗員数 3名総生産機数約200機
武装7.7ミリ機銃×1、航空魚雷×1または爆弾800kg×1もしくは500kg×1もしくは250kg×2
主要タイプ 九六艦攻(B4Y1):後継機九七艦攻の採用が早かったため、派生・改良型は無い