機体記号についての説明

旧日本軍機にはそれぞれの機種に固有の番号があります。また、名称(愛称?)のついても一定の
法則性がありますので、ここではその説明をいたします。

陸軍機の番号及び名称について
正式名称については昭和元年以後、制式採用が決定された年度の皇紀年の下2桁と機種名を組み合わせたもの
を使用した。八七式(昭和2年〔皇紀2587年〕)以降一〇〇式(昭和15年〔皇紀2600年〕)まで番号順に命名
された。以後は一式(昭和16年〔皇紀2601年〕)から陸海軍ともに同様の正式名称がつけられた。
なお、同一機種改造型については、その改造の程度によって一型・二型の形式番号と、甲・乙・丙などの区分名称
をつけた(例:一式戦闘機三型甲「隼」など)。
また、陸軍は将来の試作指令を統一化するため、昭和8年以降は試作会社・機種に関係なく計画順に一貫した
キ番号(キは機体の略)を用い、中には試作中止となったものも含まれている。当初、キ番号は制式採用される
までの試作名称であったが、のちには制式採用されてからもこの名称が併用されるようになった。
正式名称とは別に、その機の固有愛称が用いられる場合もあった(例:「隼」「疾風」など)。
海軍機の番号及び名称について
海軍航空草創期には、まだ統一された命名法が無く、会社名をそのまま使用したものが多かったが、大正10年
から昭和3年までの間はその当時の年号を正式名称とした(例:三式艦上戦闘機〔昭和3年〕など)。昭和4年
以降は陸軍機と同様に皇紀年の下2桁に機種名をつけたものを正式名称とした。なお、昭和15年〔皇紀260
0年〕採用のものだけは陸軍の一〇〇式と異なり零式と命名された。昭和18年以降は固有名称または機種表示
記号のいずれかで呼ばれるようになり年号を使用した正式名称は使用されなくなった(例:甲戦「烈風」・乙戦
「雷電」など)。また、試作機には昭和6年以降は試作指示年に機種名をつけて呼ぶようになった(例:十八試
乙戦「震電」など)。昭和10年には全機種を機種記号・計画順番・設計会社記号の組み合わせによる統一番号を
つくり、分類を明確にした。海軍統一命名法についてはこちらを参照
なお、同じ年に同じ機種の別機体を採用した場合はそれぞれを1号2号として命名している(例:九七式一号艦攻、
二号艦攻等)
エンジンの番号及び名称について
日本軍機に装備されたエンジンについては従来、同一会社製品の同一系エンジンが陸海軍それぞれ別個に採用
され陸軍ではハ番号(試作時の番号、ハは発動機の略。例:ハ145四式1900馬力など)、海軍では記号(試作名
称。例:NK9A「誉」10型など)が与えられた。このため、呼称上の不便が有り昭和18年に陸海軍の統一共通
名称が使用されることとなった。陸軍は従来のハ番号と正式名称を新ハ番号に変更し、海軍もこれにならった。
なお、新型式のジェットエンジンにはネ番号を用いることとなった。