三菱 零式練習戦闘機

海軍:昭和18年〜20年

名機零式艦上戦闘機の複座型練習戦闘機

零式練戦
神ノ池海軍航空隊所属の零式練習戦闘機一一型

 練習用戦闘機として零式艦上戦闘機の複座型開発に 海軍が着手したのは昭和17年のことであった。日本海軍では実戦部隊に配属されたばかりの搭乗員訓練には 実用機での訓練を施しており、そのためにも複座の零戦開発が急務であった。
 零戦の開発元である三菱航空機と海軍の第二十一航空廠が共同で改設計を行ったが、製造は日立航空機などが主 となって行われた。昭和18年後半から実働部隊への配備が始まり、終戦まで生産は続けられている。
 機体形状は単座の零戦を複座化しただけのものであり、主翼の折りたたみ機構こそ廃止されていたが操縦性・運 動性はベースとなった零戦そのままの良好なもので、実戦機である 局地戦闘機「雷電」局地戦闘機「紫電」に搭乗する操縦士 達も当機で訓練を実施した。少数機が大戦末期の沖縄決戦に際して特攻任務にも使用されている。
 なおラバウル戦線の一部部隊ではオフィシャルな改造機である当機ではなく、現地で応急的な改造を施した複座 型機を偵察任務に使用している(この機体は後部座席を追加しただけの物であるため複操縦装置は搭載されていな い)。

機体詳細データ(零式練習戦闘機一一型[A6M2−K])
全長 9.15m全高 3.50m
全幅12.00m翼面積22.44m2
自重1,819kg最大重量2,334kg
最高速度476km/h(高度4,000m)上昇限度10,800m
航続距離1,380kmプロペラ定速3翅
発動機中島「栄」一二型空冷複列星形14気筒 公称950馬力×1基
乗員数 2名総生産機数 517機
武装7.7ミリ機銃×2
主要タイプ 一一型(A6M2-K):零戦二一型ベースの複座機。翼端折りたたみ機構は廃止
二二型(A6M5-K):零戦五二型ベースの複座機。試作のみ
零戦二一型改造複座偵察機(A6M2特改):前線部隊による応急改造複座型