中島 九五式艦上戦闘機

海軍:昭和9年初飛行、昭和11年制式採用、昭和15年生産終了

九五艦戦
九五式艦上戦闘機(第12航空隊所属機)

 先に海軍へ制式採用された九〇式艦上戦闘機の馬力向上型として昭和8年に開発指示が出され、翌年試作1号機が完成した。出力の大きい(それに伴ってサイズも大きくなった)エンジンを搭載したため胴体も一回り大きくなったこの機体は九〇式艦上戦闘機改の名称で審査が開始された。しかしエンジン出力が向上したため最高速度も上がってはいるのだが、新採用の中島「光」エンジンが安定せず、他にも視界不良や航続距離不足などの指摘事項の改修に手間取り、制式採用は昭和11年と遅れた。
 航続距離不足を補うため採用された落下式増槽は下翼に密着する形で取りつけられる半球型のもので、不時着水時には浮き(フロート)の代わりも果たすことができるものであった。
 同時期に陸軍で採用された九五式戦闘機に比べると最高速度で劣っており、当機が採用された翌年には新世代艦戦である九六式艦上戦闘機が採用されたため、現役期間は非常に短かいのだが、全体的な性能バランスは優れた機体であり、運動性の高さから格闘戦では当時世界一の機体であると評されている。
 この機以後の艦戦は全て三菱製の単葉全金属機となってしまったので、日本海軍最後の複葉艦上戦闘機であったとともに、中島が開発した最後の制式艦戦でもある。

機体詳細データ(九五式艦上戦闘機[A4N1])
全長 6.64m全高 3.07m
全幅10.00m翼面積22.89m2
自重1,276kg最大重量1,760kg
最高速度352km/h上昇限度7,740m
航続距離 850kmプロペラ金属製固定ピッチ2翅
発動機中島「光」一型空冷星形9気筒 公称600馬力×1基
乗員数 1名総生産機数221機
武装7.7ミリ機銃×2、30キロ(または60キロ)爆弾×2等
主要タイプ 九五艦戦(A4N1):後継機九六艦戦の採用が早かったため、派生・改良型は無い