>KEY's So Military Page

中島・三菱 7試艦上戦闘機

海軍:昭和8年頃初飛行、不採用のため量産されず

7試艦戦
三菱が製作した7試艦戦[A3M1]原型機

 それまでの外国製戦闘機の焼き直しから脱却を図るため、海軍では純国産軍用機実用計画を発動、その一環として7試艦上戦闘機の名で次期艦上戦闘機の試作開発を中島・三菱の両社へ指示した。
 中島では陸軍に採用されたばかりの九一式戦闘機をそのまま(ただし兵装関係は海軍向けに改修)流用し、発動機を強化した機体を提出した。
 三菱は各国の新型機の趨勢を見て低翼単葉の機体開発に着手、大出力発動機(後の「金星」発動機のベースとなったもの)を搭載して要求以上の性能発揮を狙った機体を提出した。この三菱機は後に名機零式艦上戦闘機を生み出した堀越技師が入社後初めて設計主任となった記念すべき機体でもある。
 両機が提出された時点で審査が開始されたが、中島機は海軍が示した要求を満たすことができず、三菱機は操縦安定性が極度に悪い失敗作で、製作された原型2機とも墜落してしまったため、どちらも採用されることなく終わっている。
 海軍では7試艦戦の採用が見送られたため、旧式化した九〇式艦上戦闘機を改良した九五式艦上戦闘機を急遽採用することで一時しのぎをおこなっている。

機体詳細データ(7試艦上戦闘機(中島機)[A3N])
 
諸元等については陸軍の九一式戦闘機とほぼ同様と思われる
 
発動機中島「寿」五型空冷星形9気筒 離昇560馬力×1基
乗員数 1名総生産機数 1機
武装7.7ミリ機銃×2
主要タイプ 7試艦戦(A3N):原型機のみ製作、採用されず
機体詳細データ(7試艦上戦闘機(三菱機)[A3M])
全長 6.93m全高 3.31m
全幅10.00m翼面積不明
自重1,225kg最大重量1,578kg
最高速度320km/h上昇限度不明
航続時間 3.0hプロペラ固定ピッチ2翅
発動機三菱「A4」空冷複列星形14気筒 離昇780馬力×1基
乗員数 1名総生産機数 2機
武装7.7ミリ機銃×2、30キロ爆弾×2
主要タイプ 7試艦戦(A3M):原型機のみ製作、採用されず